アルバイトや派遣から正社員へ

広告

別の仕事に就きたい、違う業界で働きたい、というように、転職や再就職を考えたとき、働く条件というのは何でも良いというわけにはいきません。前職での不満や不安が解消されなければ、職を変える意味合いが薄れてしまいます。それに、次の職場でも同じようなことで仕事を変えたくなってしまうかもしれません。

しかし、不況のあおりを受けて、採用枠自体が少なくなり、あれこれと条件をつけられるようなほど、売り手側から言える状況ではありません。

その中でも難しくなっているのが、中途採用での正社員雇用です。正社員で働くことができれば、収入の安定性や、保険の適用、有給休暇などの福利厚生、長期の雇用などのメリットがあり、とくに生活収入を担っている人にとっては、とても大切な条件です。しかし、企業側の人件費削減などの対策の一環として、派遣社員や契約社員、パートタイマーなどでの雇用が進み、新卒者でさえ狭き門となっているのが現実です。

もし、やりたい仕事について優先するならば、とにかく実務経験を積み、そこからステップアップする、という手段があります。建築関係や美容関係、サービス業や飲食業など、仕事を経験しながら手に技術をつけるという職種の場合、アルバイトやパートタイム従業員からの正社員登用のチャンスが多いと言われています。

また、給与面を重視するなら、医療関係など、国家資格を取得しないと就けないような仕事を選ぶ方法もあります。パートタイムや派遣社員でも、高時給が期待できるからです。

正社員雇用にこだわるのは仕方が無いとしても、そのために、働く会社が見つからずに収入が途絶えるのも問題があります。優先すべきことなど、よく考えてから会社選び、職選びをしましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ