実務経験アリとナシでは大違い

広告

転職や再就職を希望している人が、キャリアやスキル、資格をたくさん持っている、といったことは、何も持っていない人と比べた場合に、有利であることは間違いありません。

できないよりはできたほうが良く、知識が無いよりはあったほうが良いのは当然のことです。実際、企業側としては、資格が無いよりあったほうが良い、という考えがほとんどです。

しかし、もっとも重要視したいのは、実務経験なのです。つまり、資格を持っていても、生かされていない、宝の持ち腐れとなっているようでは、取るだけ取って、肩書きだけのアピールであり、向上心に欠けるのでは、といったような、もったいない受け取られ方をする可能性があります。

前職にはあまり関係の無い資格を取っているな、転職後も生かせないのでは、ということで不採用に終わってしまうようでは、スキルアップや新たな挑戦のために取った、せっかくの資格が台無しです。

では、どのようにアピールすれば、プラス材料になるのでしょうか。先にも書いたように、実務経験がものを言うのですから、在職中に、資格を生かした仕事を少しでも行っておくという方法があります。

「この資格を取って職場でこのように活用してみたところ、このような良い結果を生みました。」というようにアピールすることができれば、なるほど、そのために取った資格なのか、生かされているな、今後も生して活躍してくれるだろうという、期待感につながるでしょう。

企業が採用したいのは、即戦力となる人材です。資格プラス実務経験。これが、転職に有利なスキルとなるわけです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ