転職のために有利な資格を取る

広告

転職を希望する人の中には、現在の職種は変えず、別の企業で働きたいという人と、未経験だが、挑戦してみたい職種があるという人がいます。

前者の場合、即戦力を求める企業から、今までのキャリアやスキルが買われて採用に至る場合が多いようですが、それ以上の高いスキルを求められることもあります。そして、同職種ならなぜわざわざ転職するのかという疑問を持たれがちです。

また、後者の場合、経験を積んできたこととは別で、一から仕事を覚えてこなすことにハンディがあるのに、それでも選択するのはなぜなのかという、前者よりもさらにリスクがあります。

それから、どちらにしても、これといったスキルや資格を持たず、社会人としてのキャリア年数のみがアピールポイントと言うのも、少々インパクトにかけるものがあります。

そこで、転職活動で有利になるよう、在職中からの資格取得をオススメします。近年では、業務や企業自体のグローバル化やIT化などが進んだ影響で、パソコン操作、特にネットスキルの高い人、英語などの外国語、特に会話ができる人が重宝されています。

また、ファイナンシャルプランナーなどの資格は、職種によってはキャリアアップに有利と言われていて、注目を集めています。

資格の有無が転職成功に直結するとは言い切れませんが、取得のための勉強をすることが、業界や仕事への理解と積極性につながることは確かだと思います。職種を変えない人はもちろん、未経験の職種にチャレンジする人は特に積極的に資格取得することが、採用への道につながるかもしれないのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ