自分の性質をよく知ること

広告

転職をしようと思ったキッカケは、人によってさまざまな理由があるのもですが、今まで携わってきた仕事や職場に、何かしらの不満や、物足りなさ、矛盾を感じたからであることには間違いないでしょう。

任された仕事の成果を上手く上げられない、実績と報酬が見合わない、やりがいを感じない、といった、仕事内容に関する不満を感じている人や、上司・同僚・後輩などとの関係が上手くいかない、といった人間関係に対する不満を持つ人、転居・結婚によって、やむなく退職をせざるを得ない、出産・育児によって一時的に働けなくなる、といったプライベートな部分が理由という人など、それぞれの立場があると思います。

とにかく、次の職探しのために悩んでいる時、是非やっておきたいのが自己分析をすることです。

新卒採用の時、やりたい仕事や希望の業界に入りたいと願って応募し、無事に職に就いたはずなのに、働いてみたらしっくりとこない、大丈夫と思っていた通勤時間の長さが負担になっている、残業や休日出勤などが多く仕事以外のスケジュールが立てられず、家族にも負担をかけている、といった結果になっているのには、自分自身のいろいろな面や境遇について、そもそもよくわかっていなかった場合や、年齢を重ねたことや生活環境の変化による歪みが出てきた場合などが考えられます。

そこで、転職先で同じ失敗を繰り返さないように、まずは念入りに自己分析をすることが大切です。それが、転職活動の第一歩。本当に自分に合った職業や職場を見つけることができる、重要な作業なのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ